クリニックブログ

シミ治療後の影響、ダウンタイムとは?奈良のシミのお悩みは /美容外科ピュアメディカルクリニック

2018年4月 9日 13:32

クリニックでのしみ取り治療をお考えの方には、

 

「確実にシミを消したい!可能ですか?」

「次の日すぐメイクをして仕事ができる?」

 

このような疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

 

 

クリニックでシミ治療をすると、「ダウンタイム」という期間を要することがあります。

 

ダウンタイム中はメイクができなかったり、肌を保護しなければいけなかったり、日常生活に支障をきたします。

 

今回は、レーザー治療とケミカルピーリングのダウンタイムの症状と原因、影響などを解説していきます。

 

 

■ダウンタイムって何?

ダウンタイムとは医療現場でも広く使われる言葉であり、治療や施術の後の痛みや腫れの回復期間を指します。

シミ治療の場合は、日常ないような刺激が肌に与えられるため、炎症を起こしたり、かさぶたができたりします。

 

 

また、肌が弱くなることも多く、それにより新たな肌トラブルが引き起こされてしまうこともあります。

 

顔に分かりやすい異変があると、会う人会う人に何か言われたら、たとえ言われなくても見られていたら少し気になりますよね。

 

シミ治療をしたことを他人に知られたくない方もいらっしゃるでしょう。

 

加えて、ダウンタイム中の弱ったお肌はダメージに敏感であるという点も、外出を妨げる要因になるかもしれません。

 

シミ治療後の肌は軽いやけどをしたのと同じような状態なので、ゴシゴシと顔を洗ったり、日に焼けたりするのはいつも以上にダメージが大きいといえるでしょう。

 

マスクや肌に優しい専用のファンデーションなどで隠したり、また症状を抑える薬を服用したりすることもできますが、やはり術後の予定を考慮しつつ施術することが必要かもしれません。

 

 

■シミ治療のダウンタイムってどんな症状?

ダウンタイムのあるシミ治療というと、レーザー治療を想像される方が多いでしょう。

しかし、実際にダウンタイムのある治療はレーザー治療に限りません。

 

ここでは、レーザー治療とケミカルピーリングのダウンタイムについて解説します。

 

 

・レーザー治療のダウンタイムとは

レーザー治療におけるダウンタイムは、照射後に出来るかさぶたができてから綺麗にはがれるまでの間です。

 img111.jpg

 

このかさぶたは、レーザー治療によって破壊された色素を排出しているものです。

 

普通のかさぶたより茶色がかっているため、レーザー治療のためにできたかさぶただとすぐにわかります。

 

1週間~2週間ほどでかさぶたは剥がれ、その後一ヶ月ほどで赤みが引きます。

かさぶたが出来てからはがれるまでは、前述のようにお肌がいつもよりデリケートであるため、紫外線を避け、普段以上に大切にケアをするようにしましょう。

 

・ケミカルピーリングのダウンタイム

レーザー治療よりはっきりとしたものではありませんが、ケミカルピーリングにもダウンタイムが発生することがありますが数時間で治まる軽微なことがほとんどです。 

 

■ピュアメディカルクリニックでのシミ治療なら

シミ治療のダウンタイムについて解説してきましたが、ピュアメディカルクリニックでのシミ治療は、最新技術の導入により、ダウンタイムが少なくその場の施術だけで済みケースがほとんどです。

q-ike-yoko-thumb-700x240-14691.jpg

 

その理由を詳しく解説していきたいと思います。

 

 

・ピュアメディカルクリニックでのレーザー治療にダウンタイムが少ない理由

一般的にレーザー治療では、Qスイッチというモードが高い効果を発揮します。

当院ではQスイッチを搭載した「ルビーレーザー」、さらにその中でも優れている「ザ・ルビーnano_Q」を使用しています。

 

Ruby%20nano_Q_b-11.png

 

 

「ザ・ルビーnano_Q」は皮膚の深い部分のメラニンを破壊するだけでなく、安全性も高くなっております。

最低照射エネルギーが見直しにより、4.0J(ジュール:エネルギーの単位)から3.0Jまで下がっており、刺激がより少なくなっています。

けれども、効果が弱くなっているわけではありません。

 

「ザ・ルビーnano_Q」は従来のルビーレーザーと違い、六角形に光を照射することで、隙間や重ねうちを防いでいます。これによりエネルギーが小さくても効果を出せるのです。

 

 

 img2-thumb-820x1434-7271.jpg

 

 

・ピュアメディカルクリニックでのケミカルピーリングにダウンタイムが少ない理由

当院では、安全性の高いサリチル酸マクロゴールやグリコール酸ピーリングを使用しています。

 奈良のケミカルピーリングはピュアメディカルクリニック 美容外科皮膚科

 

サリチル酸マクロゴールは、従来の「サリチル酸(エタノール)」で見られた「治療中の痛み、治療後1週間ほどの赤み、皮膚のはがれ」等の副作用がほとんどないのが特徴で、ヒリヒリ感もほぼ無いため、ニキビ肌・赤ら顔・超敏感肌にも適応。

しみ、小じわ、そばかす、肝斑、ニキビの改善を目指し、施術直後より、肌の「ふわふわ感」を実感することに期待ができます。

 


グリコール酸ピーリングは一般にフルーツ酸とも呼ばれています。

またコラーゲン合成の促進や、美白効果もあるので、新しく生まれ変わった皮膚はとてもみずみずしく、はりが出てきます。


ダウンタイムがないため、治療後も普段どおりに化粧ができます。

 

 

■まとめ

シミ治療を受けたら、その場で美しい肌に生まれ変わった自分を見て、効果を実感したいですよね。

ピュアメディカルクリニックのシミ治療ならほとんどの場合すぐにシミを取ることができ、後には引くことも少ないです。

シミにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

 

 

ピュアメディカルクリニック事務局より

 

 

過去の記事