眼瞼下垂

眼瞼下垂

視界が狭く、目が眠たそうに見える方。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたの筋肉、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)が弱く緩んだ状態のことをいいます。
眼瞼挙筋が弱いと、まぶたをきちんと持ち上げられなくなり、目が眠たそうにみえたり、視界が狭く目つきが悪くみられがちです。
また、視界が狭くなってしまうため、見た目だけではなく身体に様々な弊害が起こってしまいます。

手術方法

ミューラー筋タッキング法=糸による縫縮術

眼瞼下垂は眼瞼挙筋(がんけんきょきん)の衰えが原因ですが、筋肉自体を鍛えることは難しいため、筋肉を短縮させ弱い力でもマブタを引き上げられるようにします。
皮膚切開を行わず、まぶたの裏側からナイロン糸のみで緩んだ筋肉を縮めます。
この施術を行うと二重になる・目がパッチリするなど見た目にも変化があります。
軽度の下垂に適応があります。

眼瞼挙筋前転法=切開によるもの

皮膚切開をしたのち眼瞼挙筋を前に畳んで縫い付け、緩んだ筋肉を縮めます。
この施術を行うと二重になる・目がパッチリするなど見た目にも変化があります。
高度の下垂に適応があります。

TOP