MENU

涙袋で目元パッチリ!今おすすめのヒアルロン酸注入をご紹介!

涙袋で目元パッチリ!今おすすめのヒアルロン酸注入をご紹介!

2020.01.10

「もっと笑顔が素敵に見られる女性になりたい」

「目を大きく見せられれば初対面の方への印象を変えられるのに」

とお考えの方はいらっしゃいませんか。

目元の印象には涙袋が大きく関係していることはご存知でしょうか。そこで今回は、涙袋の美容整形に用いられるヒアルロン酸の注入について解説します。

涙袋の美容整形の特徴

そもそも涙袋とは笑った時に目の下にできるふくらみのことです。笑うことで目の下の筋肉が収縮し涙袋ができる仕組みで、涙袋がしっかり確認できる方の目は大きく見える場合が多いです。笑った時にできる涙袋が日常から確認できると、常に笑っている優しい印象を周りの方に与えられます。

*ヒアルロン酸注入によって得られる効果

涙袋の美容整形にはヒアルロン酸注入の施術が良く用いられます。メイクの際に涙袋を描く作業に長い時間をかけている方も多いでしょう。涙袋の美容整形を受ければ、朝忙しい時にメイクに割く時間を減らせます。さらにメイクで描いた涙袋よりも、ヒアルロン酸注入による涙袋の方が立体感が得られるため、より自然に仕上がります。最近は女性に限らず、男性の方もヒアルロン酸注入の施術を受けられる方が多いです。男女関わらず、目元の印象を変えたい方が増えています。

また涙袋は年とともに下に下がっていってしまうため、しっかりとした涙袋は若々しさも演出できます。さらに、ヒアルロン酸を注入することにより目の周りのシワも改善できる場合が多いです。目の周りの印象が若返らせたい方にもヒアルロン酸注入の施術はおすすめです。

ヒアルロン酸注入の施術方法

ヒアルロン酸注入の施術方法は至ってシンプルで、目の下にヒアルロン酸を細い針を経由して注入するだけの施術です。注入に使う針は非常に細いため、注入の際に激しい痛みを感じる場合はほとんどありません。まつげの下から5~8mm(ミリメートル)の幅の範囲であれば、好きな幅の涙袋を依頼できます。片方の目につき3.4回ほど針を刺して計0.3~0.5cc(立方センチメートル)のヒアルロン酸を注入します。片方の目のヒアルロン酸注入の施術には約5分かかることも覚えておくと良いでしょう。

またテープ麻酔と呼ばれる皮膚の局所麻酔や氷水を用いて患部を冷やすことで痛みを和らげられます。さらに強力な静脈麻酔やガス麻酔も利用できるため、注入の際の痛みが心配な方は麻酔を検討してみてはいかかでしょうか。

注入するヒアルロン酸は人体の中に元々ある物質で、肌のみずみずしさを保つ役割を果たします。そのため注入の際に拒絶反応を起こす可能性は低く、すぐに体になじむ安全性の高い物質です。注入されたヒアルロン酸は体内で分解吸収されることも覚えておきましょう。一度ヒアルロン酸注入の施術を受けると、半年から一年間ほどしっかりとした涙袋を保てます。注入したヒアルロン酸がすべて体に吸収されてしまった場合でも、再度注入することでしっかりとした涙袋をもう一度作り出せます。

*何回も針を刺すのが怖い方向けの施術

複数回に及んで目の付近に針を刺すのが怖い方も多いでしょう。マイクロカニューレと呼ばれる針を使えば、ヒアルロン酸注入のために針を刺す回数をたった一回だけに抑えられます。マイクロカニューレは針の先が丸くなっていて、針の先端ではなく横からヒアルロン酸が出る仕組みになっています。そのため目の下の血管や神経を傷つけることなくヒアルロン酸を注入でき、内出血の可能性を大幅に減らせます。

さらに一回のみの注入であるため通常の針よりもバランスが良く自然な仕上がりになる場合がほとんどです。ヒアルロン注入の際は通常の針よりもはるかに優れたマイクロカニューレを使うのがおすすめです。

*施術後に発生しうるリスク

注入後の数日間はヒアルロン酸が体になじむまでの期間であるため、硬く感じる場合があることを覚えておきましょう。

また注入のために針を刺した際に、内出血が起こる場合があります。内出血と言ってもメイクで隠せる程度のもので、通常2週間ほどで完全に治ります。ごくごく稀に、注入したヒアルロン酸にアレルギー反応を起こされる方がいます。ヒアルロン酸注入後、アレルギーの症状が発生した方はすぐに担当医に相談し対応してもらいましょう。ヒアルロン酸を注入する段階では左右のバランスを考えて施術を行います。

しかし分解や吸収の速さの違いにより注入後に左右のバランスが崩れる場合があります。左右のバランスが崩れた際は、ヒアルロン酸を再度注入したり注入したヒアルロン酸を溶かすことで対処できます。

お手軽な涙袋の美容整形

*施術時間が短い

施術時間は5分前後で、30分前後のカウンセリングの後当日施術を受けられます。検診のために通院する必要はなく、目元のメイクも施術の翌日からできます。洗顔やシャワー、入浴は施術当日から可能です。洗顔の際は患部をこすりすぎないように注意しましょう。

まとめ

今回は、涙袋の美容整形に用いられるヒアルロン酸の注入について解説しました。涙袋の形成で若々しい目元を演出してみてはいかがですか。当院は担当医とのヒアリングを重視し、最高の費用対効果を追い求める美容整形クリニックです。しわやたるみ、目元など幅広い施術をわかりやすい料金で提供しております。