MENU

汗管腫の原因を徹底解説!最新の治療機器アグネスとは?

汗管腫の原因を徹底解説!最新の治療機器アグネスとは?

2019.11.01

「長年悩まされている汗管腫の原因を知りたい!」

「汗管腫を治療するにはアグネスが効果的って本当?」

このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。

以前は、汗管腫治療は「痛いかも」「再発するかもしれない」といったイメージを持っている方が大半でした。

しかし、現在の最新医療機器を使用すれば、痛みが抑えられつつ、効果的な治療が期待できます。

特に、アグネスを使った治療方法は、汗管腫治療にぴったりな治療法です。

今回は汗管腫にお悩みの方向けに、「汗管腫の原因」と「アグネスによる汗管腫の治療方法」について詳しく解説します。

 

 

汗管腫の原因

 

*汗管腫とは

 

汗管腫の症状は、サイズが2mm前後のまぶたを中心に発生して、皮膚の隆起が見られます。

汗管腫の色は、肌色や赤みをおびた薄黄色など、人によってさまざまです。

また、まぶた以外にも腹部や胸部、背部にも現れる場合があるため、汗管腫を「イボ」と誤診するケースもあるようです。

特に、思春期頃に多発しますが、男性と比べると女性に多く見られる症状です。

汗管腫は良性の腫瘍なので放置していても健康被害はありませんが、目の周辺が気になり、化粧で隠すケースがほとんどでしょう。

自然治癒することはほとんどありませんので、汗管腫が気になる方は早めの治療をおすすめします。

 

*汗管腫の原因

 

汗管腫の原因は不明ですが、「遺伝」が関係しているとの見方が強いです。

また、ホルモンバランスの変化や、加齢によって発生するケースもあります。

現在、汗管腫は治療できる症状ですので、お悩みの方は相談してみてはいかがでしょうか。

 

*エクリン汗管腫とは

 

エクリン汗管腫とは、50〜60代の女性によく見られる症状であり、汗管腫とよく似た特徴を持ちます。

エクリン汗管腫の場合、自然治癒が期待できるので、ほとんど治療する必要がありません。

なるべく汗を大量にかかないよう工夫すれば、次第に改善するでしょう。

 

汗管腫の予防方法

 

*食事に気をつける

 

汗管腫は遺伝だけでなく、後天的な食生活の要因によっても悪化するかもしれません。

汗管腫を悪化させる要因として、「糖質や脂質の過剰摂取」が挙げられます。

汗管腫予防のために、ジャンクフードやお菓子、インスタントの食べすぎを控えてください。

食生活が乱れている場合、野菜や豆腐などを中心とした食習慣をおすすめします。

 

*日々のスキンケアを意識する

 

また、汗管腫の予防策として、日々のしっかりとしたスキンケアを意識しましょう。

特に、洗顔時に強くこする動作や、タオルでの顔の拭き方が乱暴な場合、汗管腫が悪化する原因となるでしょう。

目の周辺が気になるかもしれませんが、予防のために触りすぎず、しっかりとしたお肌のケアを心がけてください。

 

一般的な汗管腫の治療例

 

*炭酸ガスレーザー

 

炭酸ガスレーザーは、表面が隆起した汗管腫を除去できるレーザーです。

除去方法としては、隆起した組織を瞬間的に熱で取り崩して、除去いたします。

サイズが1cmより小さい汗管腫やホクロ、イボにも最適なので、多くの方に選ばれる治療法です。

治療後、肌色の防水テープで保護をいたしますので、刺激を与えないようにしましょう。

サイズが大きい場合、一度に全て除去すると傷跡を伴う恐れがあるため、数ヶ月単位に分けて治療いたします。

 

*アグネス

 

汗管腫の原因は皮膚の真皮層にあるため、従来の治療では残り傷を伴う場合がありました。

また、蒸散タイプのレーザー治療では、ある程度の改善が見られましたが、完璧な除去は難しく、再発するケースもあったようです。

しかし、現在では最新のアグネス治療により、肌へのダメージを最小限に抑えて、直接汗管腫を除去できるため、残り傷や汗管腫の再発は最小限になっています。

治療後すぐに汗管腫は消失しませんが、時間が経てば徐々に消えていくでしょう。

 

当院のアグネス治療が選ばれる理由

 

アグネスを用いた治療方法では、顔の皮脂量を抑える効果があるので、汗管腫の改善・予防に効果的です。

アグネス治療では、皮脂が分泌される「皮脂腺」を破壊するので、肌質を根本的に変えます。

また、皮膚部分の損傷がなく、皮脂腺を除去できるため、多くの方にオススメです。

性別や肌質にとらわれず、効果的な治療を提供できるのが最大の魅力と言えます。

全ての治療に踏み出せない場合、まずは汗管腫1個を治療されて、治療後の経過を見て残りの部分を判断してはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

今回は「汗管腫の原因」と「アグネスによる汗管腫の治療方法」について詳しく解説しました。

汗管腫の原因は遺伝的な要素が大きく、自然治癒の可能性が低いと言えます。

食生活やスキンケアで改善できますが、気になる方はお早めの治療をおすすめします。

特に、アグネス治療は肌へのダメージを最小限に抑えて、効果的な治療を施せるでしょう。

今回紹介したアグネス治療が気になった方は、当院までご連絡ください。

当院の経験豊富なスタッフがお客様の質問に関して全力でお答えいたします。