MENU

しみとりに興味がある方必見!Qスイッチレーザーとトライビームの効果をご紹介!

しみとりに興味がある方必見!Qスイッチレーザーとトライビームの効果をご紹介!

2019.12.04

加齢とともにやってくる肌の変化に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

中でも、しみは多くの女性が気にしている肌悩みの1つです。

顔に目立つしみがあると、それだけで一気に老けて見えます。

女性たるもの、いつまでも若々しく綺麗でいたいですよね。

そこで今回は、しみとりに効果的なQスイッチレーザーとトライビームについてご紹介します。

しみの原因と普段からできる対策についてもご紹介しますので、しみにお悩みの方は必見です。

しみについて

 

*しみとは

 

しみとは皮膚内部で作られるメラニン色素が沈着したものです。

肌表面に現れると薄い茶色や濃い褐色に見えます。

 

*しみの種類と原因

 

しみといってもその種類は1つではなく、原因も異なります。

しみは、日光黒子、雀卵班(じゃくらんはん)、炎症後色素沈着、肝斑の4種類に分けられます。

 

・日光黒子

 

主に紫外線が原因で生じるしみです。

これは最も一般的なしみで、私たちがしみと言われて考えるのはこれのことです。

中年以降に現れるという特徴があります。

 

・雀卵班

 

これはいわゆるそばかすのことで、遺伝が原因と考えられます。

 

・炎症後色素沈着

 

やけどやニキビによる肌の炎症後に現れるものが炎症後色素沈着です。

これは時間とともに薄くなる傾向があります。

 

・肝斑

 

肝斑の原因は、ホルモンバランスが乱れることです。

紫外線を浴びると悪化するので注意しましょう!

 

*しみのメカニズム

 

肌は外側の表皮と内側の真皮の2層から成っていますが、しみに関わっているのは表皮です。

紫外線を浴びると、チロシナーゼという酵素の働きが活発化し、表皮内の一部でメラニン色素が作られます。

メラニン色素は表皮の表面に現れ、紫外線から肌を守ろうとします。

皮膚の細胞は一定の周期で新しい細胞に生まれ変わっており、これを肌のターンオーバーと呼びます。

新しい細胞が上へと押し上げられ、古い細胞がはがれ落ちるという仕組みです。

本来であればメラニン色素もターンオーバーとともにはがれ落ちるのですが、様々な原因でメラニン色素が過剰に作られたり、肌のターンオーバーが乱れたりすることがあります。

この結果、メラニンが肌に残り色素沈着します。

これがしみとなるのです。

 

*しみ対策

 

しみができる主な原因は紫外線です。

そのため、念入りな紫外線対策が必須です。

また、紫外線を浴びた後の肌は乾燥している状態なので、肌トラブルを防ぐためにも保湿ケアをしっかりと行いましょう。

たばこやストレスによる活性酸素の増加はメラニンの過剰な生成を促します。

また、不規則な生活や睡眠不足は、肌のターンオーバーを乱し、メラニンの排出を遅らせる原因となります。

しみ対策には、紫外線対策と、ストレスを溜めない健康的な生活が大切です。

一方で、一度できたしみは簡単には消えません。

そのため、既にあるしみとりには、専門家によるケアが有効です。

 

Qスイッチレーザーについて

 

*Qスイッチレーザーとは

 

Qスイッチレーザーとは、Qスイッチというモードを搭載したレーザーのことです。

しみだけでなく、そばかすやほくろ、刺青(いれずみ)を除去するための方法として広く利用されています。

非常に強力なレーザーであり、1回の施術でも効果を実感できます。

メスを入れる必要はなく、ダウンタイムも短いため、比較的気軽に挑戦できる方法です。

 

*Qスイッチレーザーの効果

 

皮膚の表面に照射されたレーザーは、皮膚内部のメラニン色素に接触すると熱を放出します。

この熱がメラニン色素を破壊するため、しみやそばかす、あざに高い効果を発揮します。

レーザーの光はメラニン色素に反応するため、他の皮膚にダメージを与える心配はありません。

 

トライビームについて

 

*トライビームとは

 

トライビームとは、熱を与えることでしみやくすみを始め、毛穴や肌の引き締めまで幅広い肌悩みにアプローチできるレーザー治療です。

1回の施術でしみとりができるものではなく、2週間から1ヵ月おきに継続が必要です。

ダウンタイムがないため、気軽に受けられる方法と言えます。

 

*トライビームの効果

 

熱量を真皮層まで届け、真皮にあるメラニン色素を破壊するため、しみやそばかすに効果的です。

また、レーザーの熱が真皮層の細胞を刺激することでコラーゲンが生成されます。

肌のキメを整える、肌にハリを与えるほか、肌のくすみを改善する効果も期待できます。

 

レーザー治療を受ける際の注意点

 

Qスイッチレーザーやトライビームは、肌に熱を与えるレーザー治療です。

日焼け後や、長い時間紫外線を浴びた後は、2週間ほど期間をあける必要があります。

施術後の肌は敏感かつ乾燥しやすくなっているため、念入りに保湿ケアや紫外線対策を行いましょう。

 

まとめ

 

今回はしみにお悩みの方に向けて、有効なしみとりの方法としてQスイッチレーザーとトライビームをご紹介しました。

しみの原因とメカニズムを知って日常生活でもしみ対策をしましょう。

できるだけ早く確実にしみとりをしたい方は、プロによる施術がおすすめです。

一度クリニックを訪れてレーザー治療を受けてみてはいかがでしょうか。