MENU

ライムライトとグリコール酸ピーリングを活用して、シミを軽減させよう!特徴も合わせて解説します!

ライムライトとグリコール酸ピーリングを活用して、シミを軽減させよう!特徴も合わせて解説します!

2020.10.01

ニキビ、しみ、くすみ、そばかすといった肌トラブルにお悩みの方はいらっしゃいませんか。肌トラブルに対して様々な治療法がありますが、ピーリングやライムライトといった治療法についてあまりご存知でない方も多いのでしょう。そこで、そのような方に向けてライムライトとグリコール酸ピーリングについてご紹介します。

ピーリングとライムライトの効果とは?

年齢やストレス、ホルモンバランスや生活習慣の乱れによって肌細胞の生まれ変わりが滞る場合があります。そのような要因によって古い角質が溜まり、くすみやニキビといった肌トラブルが発生します。その際に使用する薬剤としてケミカルピーリングがおすすめです。これによって、肌のターンオーバーを活性化し、角質層同士の結びつきを弱めることができるでしょう。

古い角質が取り除かれた後、新しい角層が生成されます。古い肌細胞から新しい肌細胞に生まれ変わることで、くすみやニキビ、オイリー肌といったあらゆる肌トラブルを改善できるでしょう。また、このピーリングの後にライムライトを照射することでさらなる効果が期待できます。高度な知識と技術が求められますが、この二つの治療法は相乗効果を生み出します。そのため、単発で治療を受けるより、断然高い効果が見込めるでしょう。

ピーリングとは?

非常に高い効果が期待されるピーリングとライムライトですが、それぞれについて細かく見ておきましょう。まずはピーリングです。ピーリングとは前項でも少しご紹介したように、古い角質を柔らかくして取り除く美容法です。その種類もジェルやクリーム状のものが多く、リンゴ酸など肌への負担が少ないフルーツ系が多いです。このフルーツ系に類するものとして、今回はグリコール酸ピーリングについて確認しておきましょう。

グリコール酸とは化粧品などに含まれる成分で、フルーツ酸の一種です。このグリコール酸には新陳代謝を活性化させる効果があります。人の肌は28日のサイクルで新しくなると言われていますが、食習慣や睡眠不足によって古い角質が溜まり、肌荒れを引き起こすケースもあるでしょう。そのため、肌が正常なサイクルで新陳代謝が行えるように促すことは、肌の美容において重要なことだとされています。また、グリコール酸は皮膚の一番外側にある角質に働きかけ、肌細胞同士の結合を弱めます。これによって、角質層をばらばらにし、角質を剥がします。そのため、グリコール酸によるピーリングは肌表面のくすみやざらつきの改善や透明感をもたらすことができるでしょう。この他にもグリコール酸は保湿力や弾力を高めると言われています。グリコール酸配合のピーリング剤を使用する際は、使用法にも注意が必要です。適切な濃度のものを決まった時間や回数を守って使用しましょう。肌に付けたまま放置しておくのは肌荒れの原因になります。

ライムライトとは?

では次にライムライトについてご紹介しましょう。ライムライトとは、しみやそばかす、ニキビ跡といった肌の症状をIPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる光を顔全体に照射し、熱の刺激を加えることで改善します。真皮層のコラーゲン産生を促進することで、肌を綺麗にします。日本人の肌質を考慮して作られた機械であるため、他の美肌治療機器では改善されなかったシミやそばかすに対しても効果が期待できるでしょう。また、ライムライトの光の波長は520~1100nmと幅広いため、シミやそばかすだけでなく、毛穴の開きやニキビ跡など混在する肌トラブルを改善します。

ではここで、ライムライトの治療プロセスについて詳しく見ておきましょう。まず、ライムライトによる光治療でメラニンを破壊し、減少させます。ライムライト照射後、シミやそばかすが変化し、薄いかさぶたになっていきます。同時に肌の新陳代謝が促進され、かさぶたは徐々に取れていくでしょう。最後にライムライト照射の熱により、コラーゲン産生が促進され、ハリのあるきめ細かい肌になります。ではライムライトの治療期間や回数はどのくらいなのでしょうか。

症状やクリニックによって変わりますが、一般的に3~4週間で5~6回程度の治療がおすすめです。肌質の改善後は数か月間隔でメンテナンスとしての施術が必要でしょう。以上のようにピーリングとライムライトは肌トラブルに対して有効です。二つの治療法を合わせてお受けいただくと、より効果的であるため、シミやそばかす、ニキビ跡などといった肌トラブルでお悩みの方は二つを合わせてご検討ください。

まとめ

ライムライトやグリコール酸ピーリングは肌トラブルに対して高い効果が見込めます。肌の新陳代謝を促進したり、真皮に刺激を与えたりすることで、肌を綺麗にできるでしょう。また、二つを合わせるとさらに高い効果があるため、シミやそばかすでお悩みの方は一度ご検討していただくと良いでしょう。