MENU

しみやそばかすにお悩みの方に向けて!ケミカルピーリングについて解説します!

しみやそばかすにお悩みの方に向けて!ケミカルピーリングについて解説します!

2020.12.02

「最近顔のしみが気になる」「そばかすのケア方法を知りたい」このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。今回はこうした方に向けて、しみをケアする方法について紹介します。

6種類のしみについて

夏の時期にたくさんの紫外線を受けたことによって発生した顔のしみに悩んでおられる方は多くいらっしゃるでしょう。顔のしみと言っても、実は様々な種類があることをご存知でしょうか。しみは大きく6種類に分類されます。続いてはそれら6種類のしみについて詳しく紹介しましょう。

1種類目は、そばかすです。そばかすは、しみに分類されるということをご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そばかすが発生する原因は多岐にわたりますが、その中でも大きな原因となっているのは紫外線です。紫外線を受けると、肌の日焼けだけではなくその他の肌トラブルにつながる可能性が高くなります。紫外線は夏にだけ降り注いでいるわけではないので、1年を通して紫外線ケアをするようにしましょう。他にもそばかすが発生する原因としては、遺伝が挙げられます。遺伝に関する問題は自分では簡単に対処できないので、日常的に日焼け止めを使用するなど、紫外線ケアを怠らないようにするのが得策と言えるでしょう。

2種類目は、色素沈着です。色素沈着に関する問題は、特にニキビに悩んでいる方に起こりやすい肌トラブルなのではないでしょうか。色素沈着は、主に火傷や切り傷などが原因で肌にダメージが発生し、そのダメージから皮膚を守るためにメラニンが生成されることをきっかけに起こります。このメラニンが生成される際に、生活習慣の乱れなどが原因で肌のターンオーバーが正常な周期ではない場合、メラニンが排出されずに蓄積してしまいます。このようになった結果、色素沈着が起こるのです。特にニキビを潰してしまうと、色素沈着が起きやすくなるため注意しましょう。

3種類目は、老人性色素斑です。基本的に老人性色素斑は、30代から40代の方に多く見られる症状ですが、人によっては10代や20代という比較的早い段階で発生します。このしみができる原因もやはり紫外線が大きな要因となることが多いため、紫外線対策をしっかりと行うことこそ効果的な予防方法と言えるでしょう。

4種類目は、肝斑(かんぱん)です。このしみは、主に女性が発症しやすいと言われています。なぜなら肝斑は女性ホルモンが影響して起こるしみだからです。
特に30代から40代の方に発症しやすいと言われているので、気をつけるようにしましょう。

5種類目は、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)です。よく一種の腫瘍と言われることがありますが、いぼとして置き換えられることもあり、良性であるため心配する必要はありません。脂漏性角化症は30歳を超えた男女がよく悩みを抱える肌トラブルの1つです。3つ目に紹介した老人性色素班がさらに進行することで起こることがあるため、注意しましょう。

6種類目は、後天性真皮メラノサイトーシスです。このしみは、主に頬の周辺にまとまってできるという特徴を持っています。後天性真皮メラノサイトーシスはしみの1種ではありますが、同時にあざとしても分類されています。

主な発症原因に関しては、未だ明確には判明されていません。ただし、他のしみの原因と同様に紫外線の影響を受けていると言われています。したがって、こちらのしみに対しても紫外線ケアには力を入れるよう心がけておくと良いでしょう。

ケミカルピーリングについて

先程ご紹介したしみをケアするには紫外線対策を行うことが大切だと説明しましたが、施術することでしみをケアする方法もあります。そのケア方法の1つがケミカルピーリングです。この施術では薬剤を肌に塗ることで、古くなった肌の角質を取り除いてくれます。古くなった肌の角質をそのままにしておくと、様々な肌トラブルを引き起こす原因になるため、そのケアができるケミカルピーリングは効果的だと言えるでしょう。さらに施術終了後のダウンタイムや肌の腫れなどもほとんどないため、肌の負担を最小限に抑えて施術できることもケミカルピーリングの強みと言えますね。

当院が扱っているケミカルピーリングについて

当院ではサリチル酸マクロゴールピーリングとグリコール酸ピーリングの2種類を採用しています。サリチル酸マクロゴールドピーリングは、従来のエタノールに比べてさらに安全性に特化したケミカルピーリングの治療が可能です。肌への負担が非常に少ないため、ニキビ肌や極度の敏感肌の方でも安心して施術を受けていただけます。敏感肌の方の場合はピーリングは避けられることが多いですが、ケミカルピーリングならそのような方でも施術を受けられるのは嬉しいですよね。グリコール酸ピーリングはニキビケアを始め、しみや毛穴の開き、美白効果などといった様々な肌トラブルに対しての効果が期待できます。こちらも肌の負担は少なく、治療後にメイクが可能です。

まとめ

今回はシミに悩んでいる方に向けて、6つのしみの種類としみをケアする効果があるケミカルピーリングについて紹介しました。ぜひ今回ご紹介したことを参考にして、効果的にしみのケアを行いましょう。