MENU

【しみでお悩みの女性へ】お顔身体のしみ取りの具体的な方法を紹介

【しみでお悩みの女性へ】お顔身体のしみ取りの具体的な方法を紹介

2019.10.08

「自分の顔の表情やしみ、しわなど、最近自分の容姿が気になってきました。」

 

「最近ほほや小鼻にしみが出てきたので、できるだけ減らす方法について調べていますが、何か良い方法はありませんか?」

 

「仕事の休みの兼ね合いもあるけど、気になるシミ取りをしたい」

 

こういったお悩みを抱えていらっしゃいませんか?

 

お顔身体のシミほくろ取りのお悩みで口コミ評判|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良

 

なかには、婚活で自信を持つためにしみにきび跡のお肌のケアを心掛ける方も増えています。

 

しみが気になって、医療機関や美白化粧水、美白クリームや美白乳液について調べてみたが、結局どうすれば良いのかが分からずじまいになっている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

この記事を今読んでいらっしゃるみなさんは、皮膚科に相談する前に顔にしみができる仕組みについてや、しみ取りやしみを薄くする方法、さらにしみができるのを防ぐ方法について大まかにでも知りたいとお考えではないでしょうか?

 

そこで今回は、しみでお悩みの方へ、しみ取りの具体的な方法や、しみを薄くする方法、しみができるのを未然に防ぐための方法についてご紹介します。

 

 

□そもそもしみができる仕組みとは?

 

そもそもしみとは、皮膚の中にメラニンが集まって、周りの肌よりも色が濃く見える部分を指しています。

 

よく紫外線対策がしみ対策につながると耳にすると思いますが、肌が紫外線を浴びるとメラニンを作る場所が反応し、メラニンがたくさん作られます。

 

日焼け紫外線とメラニンしみの説明|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良

 

夏の日焼けで肌の色が黒くなるのは、この仕組みが原因です。

 

しかし夏が過ぎると、次第に肌の色が白くなってくると思います。

 

これは肌のターンオーバーといって、皮膚が一定期間で交換されているためです。

 

お肌のターンオーバーの仕組み|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良

 

しかし、長い間紫外線をたくさん浴び続けているとメラニンがたくさん作られ、ターンオーバーの周期が崩れて皮膚の中のメラニンが体外に出られず、そのまましみになります。

 

この仕組み以外でも、ニキビやすり傷などの炎症によるしみや、活性酸素が発生して肌を酸化させることでできるしみ、血行不良によるしみもあります。

 

 

□お顔身体のしみ取りの具体的な方法

 

しみ取りの方法を具体的に5つ、以下で解説します。

 

*美白化粧品を使う

 

美白化粧品とはメラニンを抑制し、しみやそばかすの発生を防ぐものです。

 

美白化粧品には美白有効成分が含まれているため、個人差はありますが、およそ2ヶ月後、美白化粧品を使い続けると効果が見えてくる方もいらっしゃるようです。

 

年中を通して、美白化粧品を使い続ける根気強さが必要になってきます。

 

 

*レーザー治療でしみ取りを行う

 

レーザー治療のしみ取りは、

「皮膚にレーザーで小さな穴を作って、古い角質を外に出し、新しいものを作り出す」

という仕組みです。

 

お顔身体のシミ肝斑取り治療|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良西大寺王寺橿原3院 お顔身体のシミ肝斑取り治療|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良西大寺王寺橿原3院お顔身体のシミ肝斑取り治療|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良西大寺王寺橿原3院

 

 

このレーザー治療では、しみの原因となるメラニンを破壊してしみを取り除く場合もあります。

お顔身体のシミ肝斑取り治療|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良西大寺王寺橿原3院

お顔身体のシミ肝斑取り治療|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良西大寺王寺橿原3院

 

*光治療でしみ取りを行う

 

こちらはレーザー治療とは異なり、ジェルで肌を保護した状態で光を当て、しみを薄くする方法です。

 

光治療ライムライトでしみクスミそばかす取り|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良橿原王寺

 

 

レーザー治療に比べて肌への負担が小さいことが特徴で、中には同時に毛穴のケアまでできる場合があります。

 

高い効果が期待できますが、それに伴って費用も高くなりがちです。

 

 

*お肌のターンオーバーの周期を整える

 

しみができる原因の1つとして、

「肌のターンオーバーの乱れ」

について先ほど解説しました。

 

肌のターンオーバーは28日が理想と言われており、この周期を改善するにはまず、生活習慣から見直すべきです。

 

具体的には食生活や睡眠時間、適度な運動です。

 

食生活では摂取する栄養素に偏りがあれば、その分肌が荒れてきます。

 

特に肌に関係がある栄養素として、コラーゲンやビタミンAが挙げられますが、コラーゲンの源はみなさんご存知のタンパク質です。

 

良質なビタミンAとタンパク質を摂るように心がけましょう。

 

 

*活性酵素を抑える

 

活性酵素は他の物質をとても酸化させやすい酵素のことで、この活性酵素が増え過ぎると本来の目的である体内に入った異物の除去だけでなく、細胞や遺伝子を攻撃します。

 

生活習慣を改善して、体内の活性酵素を減らしましょう。

 

 

□しみを薄くする方法

 

しみの原因のメラニンを一度たくさん作る場所(メラノサイト)ができれば、しみの色は濃くなる一方です。

 

しかし、ターンオーバーの周期を整えつつ、メラニンを体外へ排出するシステムを作り上げれば、しみの色を薄くできます。

 

 

□しみができるのを未然に防ぐ方法

 

上記で活性酵素について触れましたが、具体的な生活習慣の改善ポイントは以下の通りです。

 

・適度な運動を取り入れる。

・タバコをやめる。

・アルコールの量を抑える。

・紫外線対策を行う。

・食生活を改善する。

 

上記のような健康的な生活を心がけることで、しみができにくいカラダ作りへとつながります。

 

 

□【しみでお悩みのだんせい女性へ】お顔身体のしみ取りの具体的な方法まとめ

 

今回はしみでお悩みの方へ、しみ取りの具体的な方法やしみを薄くする方法、しみができるのを未然に防ぐための方法についてご紹介しました。

 

「まさか自分の顔にしみができるとは思わなかった。」

と現在思っている方、しみ取りをまだ諦めてはいけません。

 

今回ご紹介した方法で、ぜひしみをキレイにとって元の顔を取り戻しましょう。

 

また、ピュアメンズクリニックではレーザー治療や炭酸ガスレーザー等によるしみ取りを行っており、さまざまなしみへ対応しております。

 

しみについて気になる方は、ぜひピュアメディカルクリニックまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

しみソバカス取り徹底治療 美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良橿原王寺3院

肝斑治療 美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良西大寺橿原王寺3院

 

しみほくろ取りのお悩み治療|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良橿原王寺

 

 

「美容と健康」ピュアグループのご紹介

美容と健康のピュアグループ|エステ美容外科フィットネスはピュアグループ奈良

 

アトピーニキビ肌でお悩みの方でも安心してご使用できるダチョウ抗体配合アドソーブ美容液(旧レイドラテラポー)を通販サイトで販売、リピート購入も多く好評です。

ダチョウ抗体配合化粧品アドソーブ(旧レイドラテ・ラ・ポー)アトピーニキビ肌用美容液 美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良橿原王寺

 

 

提携の女性美肌専門エステサロン「ピュア」奈良7店舗は、しみ・しわを中心としながらの素肌に優しいフェイシャル美容技術を提供しております!

しみしわ美肌専門エステサロンピュア奈良

お顔のしみ美白ケア 美顔専門美容エステサロンピュア奈良

 

にきびニキビ跡のお悩み解消ケア 美顔専門美容エステサロンピュア奈良

 

毛穴詰まり開きや小鼻の黒ずみ悩み解消 美顔フェイシャル専門美容エステサロンピュア奈良

 

提携の女性痩身ダイエット専門エステ「ピュアスリム」にて、気持ちよく効果的な痩身技術の提供をしております。

お腹太ももお尻瘦せセルライト除去|痩身専門エステピュアスリム奈良

お腹の脂肪溶解 痩身専門エステピュアスリム奈良

太ももお尻下半身瘦せ 痩身専門エステピュアスリム奈良