MENU

メイクののりが良くなる方法をお探しの方へ!コラーゲンピールを顔に施しましょう!

メイクののりが良くなる方法をお探しの方へ!コラーゲンピールを顔に施しましょう!

2021.02.09

メイクののりが良くなる方法をお探しの方はいらっしゃいませんか。メイクののりは自力で良くすることはできますが、コラーゲンピールを顔に塗ることも方法の一つです。そこで今回は、コラーゲンピールを顔に塗ることによって、メイクののりを良くする方法について解説します。

メイクののりが悪い原因とは

メイクののりを良くする前に、のりが悪くなってしまう原因を知っておく必要があるでしょう。その原因は、主に肌のキメが整っていないことです。また、肌のキメが乱れてしまう原因としては、3つ考えられます。

1つ目は、肌の水分不足です。肌のキメの中には角質細胞が20個ほど存在します。この細胞が潤っていると、キメが全体的に整うため、きれいな三角形ができあがります。しかし、肌の水分不足によって乾燥肌になっていると、肌に存在する角質層が縮こまってしまいキメが粗くなってしまうでしょう。

2つ目は、紫外線の影響です。紫外線の影響を強く受けてしまうと、肌のキメは整いにくくなってしまいます。なぜなら、角質層にまで紫外線が影響し、その層の水分が蒸発してしまうことによって、肌の潤いが不足しやすくなってしまうからです。

3つ目は、ターンオーバーの乱れです。ターンオーバーとは、表皮や角質などで発生する細胞の生まれ変わりのことです。その生まれ変わりの際に、肌は古い角質から新しいものに生まれ変わると同時に潤い成分も生成されます。しかし、睡眠不足や食生活が乱れているとターンオーバーは乱れやすくなってしまうでしょう。ターンオーバー乱れると、肌は潤い不足になり、キメが整いにくくなってしまいます。

メイクののりが良くなる方法とは

メイクののりを良くするには、肌のキメを整える必要があり、それを整える方法は5つあります。

1つ目は、十分な保湿を行うことです。例えば、化粧水を使って保湿をする場合、化粧水の質感や、肌の状態によってコットンを使うのか手でつけるのか、コットンパックをするのか方法は違ってきます。また、手でつける場合とコットンをつける場合のどちらも、化粧水をつけた後に手のひらに肌が吸い付くような感覚があるかどうかを確認することが大切です。さらに、肌が柔らかい触り心地になっているかも確認しましょう。

2つ目は、肌には優しく触れるようにすることです。スキンケアとメイクをするためには、朝と夜に必ず肌に触れるはずです。クレンジングや洗顔をするときに生じる摩擦をどれだけ軽減できるかによって、肌のキメが決まります。強い摩擦が生じた場合、肌表面の角質が剥がれやすくなり肌のキメを乱してしまうでしょう。また、強い摩擦を繰り返してしまうと、皮溝が深くなってしまいます。それゆえ、摩擦を減らし、毛穴や皮溝の汚れを落とす必要があります。そのためには、たっぷりの泡で洗顔をするようにして、優しく動かすようにしましょう。
そうすると、肌のキメが整いやすくなります。

3つ目は、紫外線対策をすることです。紫外線対策をする際には日焼け止めクリームを塗ることが大切ですが、注意が必要です。なぜなら、SPFの数字が高くなればなるほど、紫外線による肌の表皮へのダメージを防ぐ効果は高くなりますが、肌の負担も増えてしまうからです。そのため、なるべく長時間の外出時以外はSPFの値が高い日焼け止めクリームは控えるようにしましょう。

4つ目は、ターンオーバーを整えることです。これを整えるためには、肌質と肌の状態を把握しておくことが大切です。なぜなら、それらはそれぞれケア方法や使う物が違うからです。例えば、敏感肌や乾燥肌にお悩みの方は、フルーツ酸や泥を配合した洗顔料を用いて、肌に優しい角質ケアを肌の状態に行うと良いでしょう。混合肌や脂性肌の場合は、スクラブ入りの洗顔料や拭き取り化粧水を使って角質ケアを行うと良いです。このように、肌質や肌の状態は人によって違い、それぞれケアの方法は異なるため、自分に合う方法でケアをして、ターンオーバーを整える必要があるでしょう。

5つ目は、クリニックで施術を受けることです。より確実で安心な方法で肌のキメを整えたい方は、クリニックで施術を受けることをおすすめします。また、当社では、肌のキメを整えるのに効果的なコラーゲンピールを顔に塗る施術を行っています。確実な方法で肌のキメを整えてメイクののりを良くしたいとお考えの方は、ぜひ検討してみてください。

コラーゲンピールを顔に塗ることによってメイクののりを良くするには

ここでは、コラーゲンピールを顔に塗ることによってメイクののりを良くする方法について解説していきます。コラーゲンピールとは、PRX-T33という高濃度TCA、低濃度の過酸化水素、コウジ酸が配合された薬剤を塗布することで、ハリやツヤをもたらす施術です。真皮深層まで薬剤が浸透することでコラーゲンの生成を促進し、肌に弾力を取り戻します。さらに、小じわやたるみの改善、肌のキメが整うことも期待できるでしょう。また、コウジ酸のメラニン抑制効果によって、シミや美白へも高い効果が得られる治療となっています。これを顔に塗ると肌のキメが整うので、メイクののりが良くなると言えるでしょう。

まとめ

今回は、コラーゲンピールを顔に塗ることによって、メイクののりを良くする方法について解説しました。メイクののりが良くなる方法をお探しの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。