MENU

アグネスで汗管腫を治せる!効果的な治療方法とは?

アグネスで汗管腫を治せる!効果的な治療方法とは?

2019.11.01

「最近はアグネスを使えば汗管腫が治療できると聞いた。」

「アグネスの治療方法とその効果が知りたい!」

 このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。

 最近では、アグネス(AGNES)を用いた治療方法をよく耳にするかもしれません。

最新の医療機器であるアグネスには、肌質改善だけでなく「汗管腫」の治療にも効果的です。

汗管腫でお悩みの方は、日本全国に数多くいらっしゃいます。

今回は、そのような方向けに「アグネスによる汗管腫の治療方法」について詳しく解説します。

アグネス治療とは

 

アグネスとは、高周波でお肌の炎症や目元のたるみに効果を発揮する、高周波治療機器です。

特に、アグネスは肌の表面部へ刺激を与えないので、肌の深層部へ直接働きかけるという魅力があります。

「汗管腫」や「目尻のシワ」「炎症ニキビ」などお肌トラブルを効果的に、かつ安全に治療できるでしょう。

 

汗管腫の発生原因と症状

 

汗管腫(かんかんしゅ)とは、汗を出す「汗管」が腫瘍性として増殖して生まれた病気です。

病気とはいっても、汗管腫の腫瘍自体は良性ですので、がん(悪性腫瘍)とは異なり、健康被害を及ぼしません。

一方で、美容的な観点からみれば、多くの女性が気になる問題でしょう。

汗管腫は自然に治癒できる確率は低いため、当院では早期の治療をおすすめしております。

 

*発生原因

 

現在、汗管腫が発生する原因は、完全には解明されていません。

もっとも有力な説は、親や親類などの遺伝的な関係といわれています。

 

*具体的な症状

 

汗管腫の症状は、目元周辺に2mm前後のサイズで多数発生します。

元の肌が盛り上がってくる場合や、黄色っぽい汗管腫として現れることがあります。

まれに、顔だけでなく全身に疾患がみられる場合もあるので、医師との相談前にご報告ください。

特に、汗管腫はかゆみや痛みなどの症状がほとんどありません。

汗管腫と似た症状が体にみられる方は、お早めにご相談してみてはいかがでしょうか。

 

アグネスによる汗管腫の治療方法

 

*肌へのダメージが少ない

 

アグネスの治療方法は、肌へのダメージを最小限にして治療するため、施術の傷跡がほとんどありません。

また、効果的に汗管腫を死滅させるので、汗管腫の再発がほとんどなくなります。

治療後に汗管腫はすぐに消滅しませんが、時間が経つにつれて徐々に消失していきます。

 

*3ヶ月おきに3回~5回の治療が必要

 

治療後は、すぐに汗管腫の変化に気づかないかもしれまえせんが、3ヶ月〜半年ほど経つと、徐々に小さくなるでしょう。

汗管腫の治療は、時間をかけて深層部分から根本的に治す必要があります。

そのため、3ヶ月おきに3回~5回の治療が目安となります。

 

アグネス治療の流れ

 

*表面麻酔

 

アグネス治療を用いた治療の流れは、大きく2つに分けられます。

施術時の痛みを緩和させるため、最初にクリームタイプの表面麻酔を行います。麻酔をする際の痛みはほとんどありません。

特に、治療の麻酔や準備段階で、施術の痛みを取り除いて軽減する役目があるようです。

 

*アグネス照射

 

そして、次にアグネス照射を行います。

1つ1つの毛穴に極細の絶縁体の針を入れて、高周波を当てていきます。

特に、施術後のアフターケアでは、クーリングをして肌全体のケアをいたします。

赤みが残る場合がありますが、時間が経てば目立たなくなるでしょう。

 

アグネス治療で他に期待できる効果

 

*ニキビに効果抜群

 

アグネスを用いた治療方法では、顔の皮脂量を抑える効果があるので、ニキビの予防・改善に効果的です。

アグネスは、ニキビ1つ1つに働きかけ、ニキビを発生させる「皮脂腺」を破壊します。

皮脂腺は一度破壊されると元に戻らないため、ニキビの再発を防げるでしょう。

治療中に肌表皮への損傷がほとんどなく、ニキビ治療に効果的な治療方法です。

 

*無料カウンセリングいたします

 

アグネス治療が未経験の場合、分からない部分が多いかもしれません。

当院では無料カウンセリングを行っていますので、お気軽にご相談できます。

アグネス治療が気になった方は、是非当院までご連絡ください。

当院の経験豊富なスタッフがお客様のお悩みに関して、サポートいたします。

 

まとめ

 

今回は「アグネスによる汗管腫の治療方法」について詳しく解説しました。

汗管腫は自然治癒の可能性が低いため、早期の治療をおすすめしております。

アグネス治療は、皮脂腺を効率的に破壊するため、肌質の改善と再発防止が期待できるでしょう。

今回紹介した内容を参考にして、汗管腫治療に役立つと幸いです。

ご不明な点がございましたら、お気軽に当院までお問い合わせください。