MENU

ダイエットに最適なサノレックス・ゼニカルの持つメリットとデメリットをご紹介

ダイエットに最適なサノレックス・ゼニカルの持つメリットとデメリットをご紹介

2019.09.16

「痩せたいけど運動はあまりしたくないから、ダイエットに踏み切れない」

 

「ダイエットをしていたけど、激しい運動がつらくて続かなかった…」

 

そんな経験をされた方はいらっしゃいませんか?

 

ダイエットと聞くと、激しい運動して痩せるというイメージを持っている方も多いと思います。

 

ダイエットに最適なサノレックス・ゼニカル|美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良橿原王寺

 

しかし、運動は大変だったり、時間も必要だったりといったイメージもあり、なかなかダイエットに踏み切れないですよね。

 

「できれば激しい運動はせずにダイエットをしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

 

実は激しい運動をせずに痩せることのできる方法があることをご存じですか?

 

その方法とは、ダイエット内服薬の助けを借りることで、無理な食事制限や激しい運動などをせずにダイエットを行う方法です。

 

無理のないダイエットであれば、ストレスを感じることも少なくなるため長続きが期待できます。

 

しかし、薬と聞くと副作用が不安に思う方もいらっしゃると思います。

 

効果があるといわれても、副作用が気になって内服薬の利用に踏み出せない方も多いですしょう。

 

そこでこの記事では、サノレックス・ゼニカルの2種類のダイエット内服薬について、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

メディカル痩身ダイエット 美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良西大寺橿原王寺3院

 

□サノレックスとは?

 

サノレックスとは、日本で唯一認可されている食欲抑制剤です。

 

主成分は「マジンドール」であり、食欲抑制作用をあらわすことで減量の手助けを行います。

 

基本的にはBMI35以上、または肥満度70%以上の方が対象とされています。

 

美容外科の多くは自由診療になるため、その場合は上記以外の方も医師の指導のもと処方可能と判断されれば服用可能です。

 

 

□サノレックスのメリットとデメリット

 

*サノレックスのメリット

 

サノレックスの主な効果として、食欲を抑えダイエット中の過食を防げます。

 

それにより自然な食事制限を行えるため、無理なくダイエットを続けられる点がメリットだと言えるでしょう。

 

加えて、消費エネルギーの促進作用と代謝をよくする効果もあるため、適度な運動や食事制限を併せることによって、より高い減量効果が期待できます。

 

治験では、サノレックスを使用した75%の人に減量効果が見られました。

 

 

*サノレックスのデメリット

 

サノレックスの主な副作用として見られるのが、動悸・頭痛・吐き気・便秘などです。

 

いずれも軽度の副作用ですが、症状が重い場合は医師に相談することをオススメします。

 

また、サノレックスは睡眠障害を引き起こすことがあるため、夕方には飲まないように気を付けましょう。

 

サノレックスは副作用として依存性を持っているため、最大でも3か月までしか連続服用はできません。

 

そのため、服用期間が3か月を超える場合はしばらくの休薬期間が必要となります。

 

 

□ゼニカルとは?

 

ゼニカルとは、脂肪の吸収を抑えることで減量の手助けを行うダイエット内服薬です。

 

主成分は「オーリスタット」であり、これはリパーゼという脂肪分解酵素に作用して、その働きを阻害します。

 

ゼニカルを服用すると摂取した脂肪分の約30%をカットする効果を得られるため、減量にはもちろん、増量の防止にも効果があります。

 

ゼニカルを服用していると食事を過度に期待する必要がなくなるため、食べながら痩せるダイエット薬ともいわれています。

 

 

□ゼニカルのメリットとデメリット

 

*ゼニカルのメリット

 

ゼニカルは摂取した脂肪分の吸収を防ぐ効果であるため、食事を制限する必要がないという点が大きなメリットです。

 

ゼニカルを一年間服用した後の効果量を調べた治験では、服用した人の87%に効果が見られました。

 

製造メーカーの発表では、ゼニカルを服用した人は、服用していない人の約2倍もの差がダイエット効果に見られたそうです。

 

 

*ゼニカルのデメリット

 

薬効によって吸収されなかった油は、そのまま便と同様に体外に排出されます。

 

そのため、副作用として下痢や軟便が増加する可能性があります。

 

また、脂肪分の吸収を阻害するため脂溶性ビタミンの吸収も阻害してしまいます。

 

ゼニカルを飲む頻度や服用期間にもよりますが、脂溶性ビタミンの不足が起こる可能性も考慮しておく必要があるでしょう。

 

 

□我慢しないダイエットに最適なサノレックス・ゼニカルの持つメリットとデメリットまとめ

 

以上、サノレックス・ゼニカルのメリットとデメリットについて紹介しました。

 

この記事が皆様のダイエット内服薬に対する理解の手助けになってもらえれば幸いです。

 

もちろん薬である以上、効果が期待できるものには一定の副作用が伴っている可能性は高いです。

 

しかし、きちんと医師の指導のもと正しい服用方法を守って服用すれば、ダイエットの心強い手助けになるでしょう。

 

ダイエットをしたいけど運動や食事制限が気になって実行に踏み切れない方は、内服薬の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

ピュアメディカルクリニックでは、美容医療経験豊富なドクターによる無料カウンセリング・診察を行っています。

 

ダイエットを始めたい方や、お肌の悩みを抱えている方など、美容に関するお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

 

脂肪溶解注射メソセラピーで痩せるボディライン 美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良橿原王寺3院

 

しわたるみ治療ウルトラセル 美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良橿原王寺西大寺3院

 

小顔あご下周りのたるみ|お腹太ももに脂肪溶解注射BNLSメソセラピー 美容外科皮膚科ピュアメディカルクリニック奈良橿原王寺3院

 

 

提携の痩身専門エステサロンピュアスリム奈良6店舗にも是非ご相談ください!

お腹や二の腕太ももお尻下半身瘦せ 痩身専門エステピュアスリム奈良

お腹や二の腕瘦せで口コミ評判 痩身専門エステピュアスリム奈良

太ももお尻下半身瘦せで口コミ評判 痩身専門エステピュアスリム奈良