ダチョウ卵黄抽出液とは?

ダチョウ卵黄抽出液とは?

はじめに

tamago7s.jpg

ダチョウ卵黄抽出液?
なぜダチョウ?
ダチョウの卵がどう関係するの?

「ダチョウ卵黄抽出液」配合化粧品と聞いた際、皆様最初にそのような疑問を持たれるのではないでしょうか?

ダチョウが関係するといっても、ダチョウのお肉や脂肪、卵の成分などが入っているわけではありません。
たとえば【馬油】。
馬油の場合は、馬の脂肪を精製して薬用や化粧品として製品化したものですが、そういった物とは全く違います。

では「ダチョウ」「ダチョウの卵」がどう関係するかというと、お肌のトラブルの原因に合わせて作られ配合されている「卵黄抽出液」という有用成分を作るのに、「ダチョウの卵」を利用しているからです。

詳細は以下に記載しておりますので、ぜひご参照下さい。

奈良TV美容情報番組「キレイ」より

TV取材で小川院長がダチョウ抗体とその治療効果について答えています

 

ダチョウ卵黄抽出液配合化粧品について

タイムテーブル
項目時間
なぜダチョウ(の卵)が関係するのか? 1:30
アトピー性皮膚炎のかゆみへのダチョウ抗体の効果 3:19
アトピーへのダチョウ抗体配合化粧品の使い方や効果、改善実感について 5:10
乳幼児や子供への適用は? 7:00
ニキビでお悩みの方の場合 7:26
花粉症への適用 9:32
インフルエンザなどダチョウ抗体の可能性 10:07

(1)ダチョウ卵黄抽出液とは

tyuusyutu1.jpg3syurui-1.jpgのサムネール画像免疫システムの一環で、体外からの異物であるウイルスや細菌の増殖を抑えてくれるのが免疫です。

身近なところでは、インフルエンザの予防接種です。

あらかじめ無害化したウイルスの病原菌を注射(異物)しておくと、たとえインフルエンザにかかってもその病状を弱めることができます。

特定のウィルスや菌用に作られ、その相手のみ異物と認めて吸着して動きを止め、攻撃・排除するという働きを持つ頼もしいものです。副作用もありません。

レイドラテ・ラ・ポーに配合のダチョウ卵黄抽出液は、

○アトピー性皮膚炎の場合「商品名:レイドラテ・ラ・ポー」:かゆみの原因となる【黄色ブドウ球菌】

○ニキビの場合:炎症の原因となる【アクネ桿菌】、ニキビ悪化による膿みの原因菌が【黄色ブドウ球菌】

○花粉対策の場合:スギ・ヒノキの【花粉アレルゲン】

のみをピンポイントで異物と認めるものです。 詳細はコチラ

(2)なぜダチョウなの?

①ダチョウ卵黄抽出液の開発者は?
②ダチョウ卵黄抽出液とは? ダチョウ卵黄抽出液の作り方
③ダチョウの生命力の強さ
④哺乳類でなく鳥であること

①ダチョウ卵黄抽出液の開発者は、京都府立大学大学院生命環境科学研究科の塚本教授によるものです。

ダチョウを用いた新規有用卵黄抽出液の低コスト・大量作製法の開発に携われ、ダチョウの卵から抽出した新型インフルエンザ予防のための「ダチョウマスク」で有名な先生です。
2009年には「文部科学大臣賞」も受賞されています。
最近の著書「ダチョウの卵で、人類を救います」(小学館)も大きな話題になっています。

②“卵黄抽出液”にダチョウがどうして関係するの? と思われる方が多いと思います。ダチョウ卵黄抽出液とは“ダチョウに作らせた卵黄抽出液”の意味で、卵(卵黄)から卵黄抽出液を抽出します。

ご存知の通り、ダチョウは鳥類最大で、その卵の大きさはなんと鶏卵の25~30倍もの大きさ。

しかも半年で80~100個の卵を産む個体もいます。

同じ卵を利用する場合、ダチョウの卵なら当然一度に大量の卵黄抽出液を生産できます。

よって、従来より大幅に生産が出来やすくなります。

この際、卵アレルギーの元となる、『卵白アルブミン』を含みませんのでご安心ください。

③ダチョウは鶏と比べると、感染症に強くケガの治りも非常に速く、長生きで強い生命力の持ち主。ということは、病原菌に対する強い免疫の持ち主であるともいえます。
ダチョウ卵黄抽出液は卵黄から抽出しますが、高い精製精度により純粋なものを抽出しているため、卵アレルギーの元となる『卵白アルブミン』を含みません。ご安心ください。 

④黄色ブドウ球菌は、普段より人のお肌にたくさんいる常在菌の一種です。
悪さをするのは、その常在菌のベストなバランス(健康なお肌は弱酸性)が崩れ、黄色ブドウ球菌が好むアルカリ性に傾くことで黄色ブドウ球菌が異常増殖、かゆみの原因となる大量の毒素を出すからです。

対抗するものを作ろうにも、人や、同じ哺乳類であるマウスやウサギなどでは、普段より共存する菌に対し、異物と認識させることが難しいのです。
その点、鳥類であるダチョウの免疫では、異物として認識してくれます。

(3)ダチョウ卵黄抽出液のレイドラテ・ラ・ポーでの働き

「レイドラテ・ラ・ポー」は、アトピー性皮膚炎のかゆみの原因となる黄色ブドウ球菌のみをピンポイントで異物と認め吸着するダチョウ卵黄抽出液が入っているため、お肌にいる常在菌には働きかけません。 

ニキビケア化粧品【ACクリアシリーズ】の場合は、ニキビの原因菌である【アクネ桿菌】【黄色ブドウ球菌】用の2種類・Wのダチョウ卵黄抽出液を配合、原因菌のみを選択的に吸着することで改善に導きます。 

常在菌の中には、健康なお肌の弱酸性環境のもと、しっとりとしたお肌をつくり健やかなお肌に欠かせない善玉菌もいます。

ダチョウ卵黄抽出液は、「殺菌」という方法・考え方と大きく違い、原因菌のみに働きかけ、大切な善玉菌まで一掃してしまわないので、アトピー性皮膚炎の方の肌環境を、さらに壊してしまう(悪くする)ことはありません。

だから、健やかな肌への近道となりますし、大人だけでなく赤ちゃんや乳幼児、子供様でも安心して使用いただけます。

善玉菌まで一掃してしまうことは、ただでさえお肌のセラミドが少なく、乾燥して弱っているアトピーの方のお肌のバリアー機能をさらに傷めて壊してしまい、細菌やウイルス、ほこりやダニなどに対し、更に弱くなる悪循環をも招いてしまいかねません。 

bg_09.jpg

 

快適に生活するうえで、アトピー性皮膚炎の一番不快でやっかいな症状は「かゆみ」です。

「このかゆみさえなければ・・」

「掻かずに我慢なんて出来るわけがない・・」

このように考え悩み、苦しんでいる方、かゆみ対策や情報、治療法を懸命に探している方が非常に多いです。

 

子供に「かゆくても我慢」「掻いたらダメ」と諭しても、掻かないことは無理ですし、それは大人も同じです。

たとえ日中はなんとか我慢しても、夜に掻き壊してしまうパターンも多いです。

赤ちゃんはじめ乳幼児などのお子様をもつ親御様は、掻いてしまうお子様を見て気になって、ご本人も含め熟睡できないでしょうし、その様子を見るのは非常につらいと思います。

 

アトピー性皮膚炎の原因は多岐に渡ることが多く、完治・根治を目指すことは非常に難しいのが現状です。

しかし、完治・根治でなくとも、黄色ブドウ球菌のみをピンポイントで異物と認め吸着し、かゆみを抑えることで「かゆくてお肌を掻き壊す」⇒「さらに悪化する」悪循環を断ち切ることは、たとえアトピー性皮膚炎状態であっても、快適に生活を送る際の大きな前進の一歩につながると考えます。

 

【アトピー性皮膚炎】モニター改善症例のご紹介 syourei.jpg

 

 

 

モニターの方の症例はこちらです。

アトピー性皮膚炎改善の経過を写真でご覧いただけます。 

  

 

bg_07-2.jpg

※改善効果には個人差がございます。すべての方に同様の結果がでるとは限りません。ご了承ください。

 

 

 

レイドラテ・ラ・ポーご使用者のレビュー是非参照ください

 ※レビュー内容は、商品の効果・効能を直接謳うものではありません。
※ あくまで個人のお客様の感想であり、すべての方に同様に当てはまるものではありません。

review-top.jpg

  

 

 

現在、レイドラテ・ラ・ポー使用による「アトピー改善無料モニター」募集中です。

クリニック、病院、皮膚科での医師によるアトピー性皮膚炎治療、無理をしない脱ステロイドをお考えの方も是非ご検討ください。 monitortuuinbosyuu1.gif

 

 

 

bg_07 (2).jpg 

アトピーのかゆみを抑え保湿をしっかり! 

 

 

 

rehydrer-w-zeibetu.jpg

 

無料サンプル提供はじめました

アトピーのかゆみ対策化粧品

  

 

 

 

アトピー性皮膚炎の通院治療メニューのご案内はこちらです

 1month-course5s.gif

 

 

 

  

 

 

 AC-imege-ws.jpg

 

nikibi-top2s.jpg

 

 

nikibi-5.jpg

 

 

 

nikibi-8-1.jpg

 

 

 

bg_07.jpg

 

bg_08.jpg

 

 

 

nikibi-6-1.jpg

 nikibi-sample-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

narone-topimage-8.jpgのサムネール画像 

bg_02.jpg

 

 

花粉症の不快な症状は、花粉そのものでなく、花粉が割れて中から出てくる【アレルゲン】が原因です。
このアレルゲンをダチョウ卵黄抽出液が、化粧水として塗布しているお肌の表面で吸着することで、体内への侵入を阻止し、不快な症状を緩和します。

ダチョウ卵黄抽出液はダチョウの卵を利用して生産、精製抽出していますが、卵アレルギーの方も安心してご使用いただけます。

 

 image-kahun.jpgのサムネール画像

※現品は「スギ・ヒノキ花粉」対応ですが、2014年1月度に「イネ・ブタクサ」にも対応した新商品が販売予定です 

 

花粉症でお悩みの方の症状として、鼻水やくしゃみ、目や皮膚の痒み、倦怠感や微熱の症状が代表です。
花粉が体内に入り異物と感知した体内が防御のためにヒスタミンという物質を作りこれが血管や神経を刺激して起こしています。

 

花粉症対策として一番に、マスクを利用されている方が多いと思います。
効果は非常に高く大変有効ですが、息苦しさやしゃべり難さ、口紅うつりなどが気になる方は多いです。

 

花粉症用の薬としては、大きく分けて二つのタイプがあります。
一つは内服薬で薬局などでも販売されている抗ヒスタミン薬です。
二つ目には点鼻薬・点眼薬です。
即効性はありますがあまり続きません。
また、基本的な副作用として眠気がでます。
仕事や勉強を始め、日常生活を快適に過ごす上で、眠気に耐えるか、花粉症の症状を我慢するか、お悩みの方は多いのではないでしょうか。

 

鼻水や目のかゆみにより擦ることで、周辺のお肌が「カピカピ」「ガサガサ」になってしまう方にとって、【見えないマスク 美容成分配合化粧水】の当商品がお役に立てることを願っております。

お顔に塗布いただく以外にも、マスクにスプレーで吹き付けていただいたり、お顔を触る手に塗布いただくこともお勧めです。

 

塗るスプレーマスク!花粉対策化粧水【キャブロッククリアミスト】/ダチョウ卵黄抽出液配合