美容点滴など
  • 美肌・美白
  • 脱毛
  • 目・二重・目元まわり
  • ダイエット・痩身
  • しわ・たるみ
  • 美容点滴など
  • 小顔
  • バスト
  • わきが・多汗症
  • 鼻を高くなど
  • うす毛対策
  • ドクターブライダル
  • その他

美容点滴など

プラセンタ注射

美容だけでなく健康にも!老若男女を問わない効果!

医療機関でのプラセンタは、ヒトの胎盤から抽出した非常に多くの栄養素が含まれているエキスです。
全身の細胞が活性化され、「細胞レベルの若返り」が期待できます。

美容のイメージが強いですが、美容効果としての美白作用・保湿作用・コラーゲン生成によるしわ改善などに限らず、健康上も慢性肝疾患治療薬や更年期障害の治療薬として10年以上も前から保険適応 (皮下注射と筋肉注射)として認められている注射です。

高血圧症・疲労回復・冷え性・不眠症・慢性頭痛・アトピー性皮膚炎・にきび・肩こりなどにも効果があり、老若男女を問いません。
静脈点滴もございます。

 

プラセンタの種類

当院では、「ラエンネック」を使用しております。

日本国内で使用できるプラセンタの注射液は、「メルスモン」と「ラエンネック」の2種類です。

Q.メルスモンとラエンネックの違いは?

A.効能に大差はないとお考えください。

医療用としては、

メルスモン:更年期障害や乳汁分泌不全の治療剤として認可

ラエンネック:肝臓の病気(肝硬変、慢性肝炎)の治療剤として認可

を受けています。
次に製造方法ですが、

メルスモン:塩酸を使用した加水分解法

ラエンネック:分子分画法
でプラセンタエキスを抽出しています。

分子分画法は、有効成分を保持したままプラセンタエキスを取り出す事が出来るといわれています。

料金表はこちら

 

 

高濃度ビタミンC点滴

美肌効果(しみ、くすみ、肝斑の改善)、しわ・たるみの改善、疲労回復や抗アレルギー効果。

通常のサプリメントや飲み薬で摂取する事は殆ど不可能な量のビタミンCを、「高濃度ビタミンC点滴」で直接体内に摂取することにより、体内の血中濃度を急激に上げ飛躍的な効果を得ることができます。

美容効果
・美白効果
メラニンの生成を抑制し、シミや色素沈着、肝班の改善作用。
・コラーゲン生成促進作用
肌のハリや弾力のもととなる線維芽細胞の働きを高め、ハリと弾力を保ちシワ・ たるみの改善効果。
・活性酸素除去作用
にきびやシワ、シミなど老化の原因となる活性酸素から肌を守ります。
・皮脂の過剰分泌抑制作用
にきび治療効果
・疲労回復
有害な活性酸素に対する抗酸化作用が強く、全身の倦怠感や疲労の回復を早めます。
・免疫力向上
リンパ球の働きを高めることで免疫力が増強させ、風邪やインフルエンザ等のウイルスによる感染症を予防して全身の健康を保ち美肌を作ります。

お客様だけでなく当クリニック関係者も点滴しておりますが、「こんなところまでお肌が潤ってる」「お肌の調子がすごくいい」と効果を実感しております。
なかには、「普段まったく熟睡できないのに、久しぶりにグッスリ寝れた」というお客様もいらっしゃいます。

がん予防、がん治療効果
2005年に米国・公的機関/国立衛生研究所(NIH)の科学者が、『高濃度アスコルビン酸(ビタミンC)点滴は、ガン細胞に対してだけ選択的に毒性として働く』という内容の衝撃的発表をしました。
高濃度ビタミンCは強い抗ガン効果を発揮するという事です。
最先端のガン治療法として欧米で実際に取りいれられています。
・活性酸素を捕捉する抗酸化作用で細胞のがん化を防ぐ。
・ストレスから守る。
・白血球やマクロファージの機能を高め免疫機能増強する。
・薬物代謝に関わって発がん物質を解毒、体外に排泄。
・胃がんの原因になるニトロソアミンの胃中での生成阻止。

例えば、40歳を超えて癌年齢といわれる世代になられた方にはがん予防として月に1回程度がお勧めです。
術後の再発防止にも是非お役立て下さい。大多数の方で、腫瘍マーカーの指標等で改善効果がでております。

※ 高濃度ビタミンC点滴療法は代替医療です。すでに有効な抗ガン剤に代わるものではありませんのでご注意ください。
*点滴シートは「ファーストクラス」(右の写真)。
酸素バー、岩盤浴シート、液晶TV付きで快適に過ごしていただけます。

 

高濃度ビタミンC点滴でお手軽アンチエイジングト/美容外科ピュアメディカルクリニック/奈良

 

料金表はこちら

アンチエイジング点滴

疲れやすい、疲れがとれにくい、肌の調子がくすみがち、風邪をひきやすい、皮膚が老化しはじめた、若さを維持したいという方にはアンチエイジング点滴が効果的です。

代謝をアップし、身体のキレーションを行いながら細胞を活性化し老化防止・疲労回復を目指します。強力抗酸化作用で老化予防。

美肌や若々しい身体をつくり、更年期障害・疲労回復・腰痛・肩こり・冷え性の 改善・脂肪燃焼・免疫力アップ・美白・くすみ・肌荒れ・乾燥肌などに効果的です。

主な成分はプラセンタ、ミネラル、酵素、核酸、ビタミンC、各種ビタミン群、抗アレルギー剤、抗炎症剤などです。

料金表はこちら

美白点滴

プレミアム美白・美肌点滴とは、肝斑&炎症後色素沈着を解消するための点滴治療です。

プラセンタ、ミネラル、酵素、核酸、ビタミンC、各種ビタミン群などを成分とした点滴を受けることで、メラニンが産生されるのを防ぎ、一旦産生されれば量を抑える、というように、しみの原因になる過剰なメラニン産生をあらゆる段階でブロックします。

点滴は薬剤が直接血管に入るため、成分を高濃度のまま行き渡らせることが可能で、内服薬より高い効果が期待できます。

高い濃度で含まれるビタミンなどの有効成分がすばやく全身にゆきわたり、メラニンの産生を抑え、体の中から輝くような素肌美、透き通るような白い肌へと導きます。

ビタミンC・ビタミンB2・B6・プラセンタなどの成分が、細胞感染を予防、皮膚粘膜を健康に保ち、細胞の活性化を促すためニキビ治療にも効果があります。

料金表はこちら

肩こり・腰痛などでお悩みの方に

「美しい」生活のために

美しさは、外見だけのことではありません。
心豊かに生活していくことも非常に大切です。

その点肩こり・腰痛などの痛みは、辛く不快で、生き生きとした表情まで少なくなりがちです。
頑固な痛みでお悩みの方に、ぜひお勧めしたい2点をご紹介します。

いづれも、すでに始めている方から大変お喜びの声をいただいております。

肩こりプラセンタつぼうち注射(肩こりトリガー注射) 1ヶ所5,400円
プラセンタをベースとした当院オリジナルカクテル注射を肩こりや、腰痛など症状の強い部位に直接注射をします。
治療効果は即日発揮されてきますので、肩が軽くなったと早期に実感していただくことが出来ますが、通常は1~2週間に1回のペースで4.5回受けていただき、その後、肩こりがつらい時に受けていただくようにしていくとよいでしょう。

肩こりボツリヌストキシン製剤注射  1ヶ所32,400円、2ヶ所54,000円
ボツリヌストキシン製剤は、ボツリヌス菌の毒素の身を抽出した薬です。
すでに顔面けいれん等の治療に使用されているものです。
近年ボツリヌストキシン製剤が鎮痛効果もあり、さらに筋肉を弛緩させる働きもあるため筋肉が緊張して起こる痛み(肩こり、腰痛など)にも効果的ということが分かってきました。
すでにアメリカでは、肩こり・頭痛・腰痛・関節痛などの治療にも使用されています。
肩こりボツリヌストキシン製剤注射の治療効果は個人差があり、通常でも数ヶ月間(約3~4ヶ月)続きますが、中には半年以上効果を実感されている方もいらっしゃいます。

肩こりに対する治療効果は1~2週間ほどで発揮されてきますが、筋緊張性疼通が原因の場合は1~2ヶ月かかることもあります。
治療自体は注射一本のわずか5分!
お忙しい中、週一ペースで30分~1時間、マッサージなど続けておられる方にお勧めです。
注意)上記治療は器質的疾患・病気によって肩こりが起きていない方のための治療法です

(参考)ボツリヌストキシン製剤とは何ですか?

ボツリヌストキシン製剤は、美容外科のしわ治療で行われる「ボツリヌストキシン製剤注射」で有名です。
食中毒の原因菌で知られるボツリヌス菌毒素から抽出した成分を、シワが気になる部分に注射するというシワ治療です。
食中毒の原因菌と聞くと怖い感じがしますが、ボツリヌス菌そのものを注射するわけではありません。

ボツリヌス菌の毒素であるボツリヌス毒素をごく少量だけ注射します。
食中毒を起こすボツリヌス毒素の量は3万単位程度と大量です。
一方、美容に使用される量は、2.5~100単位とごく少量であり、中毒をおこす心配はまずありませんし、アレルギーが起こることは非常にまれです。
諸外国でも70カ国以上の医療現場で使用され、例として米国においては、斜視、痙性斜頸、眼瞼痙攣に加え、多汗症の適応に承認され使用されています。

日本においても、近年、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣などで承認、使用されています。
ボツリヌストキシン製剤による治療は注射だけで済むため、メスのいらない「プチ整形」としても知られています。

ボツリヌストキシン製剤注射で注入されるボツリヌス菌毒素には、筋肉を動かすために必要な神経伝達物質アセチルコリンの放出を止め筋肉の動きを抑制、収縮力を 弱める作用があり、目尻の笑いジワ・眉間の縦じわ・額の横ジワ等、「表情ジワ」の原因となる「表情筋の動き・緊張」を抑制することで、しわの改善を図りま す。

(注意)ボツリヌストキシン製剤治療を受けられない方

妊婦や授乳中の方、妊娠の可能性のある方や、製剤のうちの成分にアレルギーのある方、筋弛緩剤や筋弛緩作用のある薬を服用中の方は治療できません。

(注意)ボツリヌストキシン製剤治療を受けた後の当日の禁止事項

・ 長時間の入浴の禁止
・ サウナの禁止
・ 飲酒の禁止
・ マッサージの禁止 などがあげられます。
これは注射した部位の内出血、腫れ、赤みが増すことを避けるためです。

キャンペーン・体験情報/美容皮膚科ピュアメディカルクリニック/奈良・大阪・京都

 

 

 

 

しみのお悩み・対策なら/エステサロンピュア