クリニックブログ

☆目の下のクマ治療:下眼瞼脱脂☆/奈良・東大阪・京都・三重・和歌山

2016年6月14日 17:41

みなさんこんにちは、ピュアメディカルクリニックの木幡(こわた)です。 

 

近々、下眼瞼脱脂(カガンケンダッシ)という、目の下のクマを治療する手術が続けざまに入るので、ご説明しておきます。

 

下の写真のような場合に使います。

目の下クマ写真.jpg

青で囲ったところがなんとなく膨らんでいる感じ、分かりますか?

これは、まぶた奥にある「眼窩脂肪(ガンカシボウ)」と呼ばれる脂肪が前にせり出すことによって起こります。

手術で治す場合、これをまぶた裏から取り出してしまいます。

目の下脱脂.jpg

上はまぶたの断面図ですが、黒い矢印で示しているのが眼窩脂肪です。まぶた表側の皮膚からよりも裏側からの方が近いのが分かりますね?

 

ですので赤い矢印方向に入っていって取り出します。

下瞼脱脂.jpg

まぶたを下に引っ張って「あっかんべー」させ、結膜とよばれる粘膜部分を少しだけ切開し、そこから脂肪を取り出すのです。

 

脂肪は上図のように3つに分かれて収まっています。

 

あとは膨らんでいる箇所に応じてその場所に一致する脂肪を取り出すだけ。

上の写真の方だったら真ん中と内側の脂肪を取る、といったようにします。

私の場合、片方のまぶたにつき15~20分くらいかかる、という感じです。

最後に溶ける糸を使って一針だけ中を寄せるように縫っておしまい。

抜糸はありません。

  

うまく行けば術後1週間で涙袋が出来た感じに浮腫む、という経過の仕方です。

まぶたの外側にキズは出来ないのでメイクは即日OKです♪ 

自分がこの手術に向くかどうかわからない方は是非ご相談くださいねぇウインクチョキ

  

 

奈良以外でも、大阪・京都・三重・和歌山からも便利に来院いただけます。

 

 

過去の記事